脂肪吸引や豊胸、レーザー脱毛、二重まぶたなど美容整形のことなら美容外科・恵比寿ASクリニック

Home Sitemap Contact
美容整形のことなら、美容外科 恵比寿ASクリニック お電話でのご予約・ご相談は03-6228-4006 メール・オンラインでも無料でカウンセリングをお受けいただけます
スマートフォン専用 お問合わせはこちら お電話 メール
クリニックのご案内 治療内容 料金案内 よくある質問 モニター体験談 カウンセリング
治療内容一覧
フェイス
ボディ
脂肪吸引とは
フォトギャラリー
当院の脂肪吸引の特長
VASER LIPO
EUA LIPO
部位別手術内容
  ・ ほほ、あご
  ・ 二の腕、わき、背中
  ・ 胸
  ・ 腹部、腰、ウエスト
  ・ お尻・太腿
  ・ ふくらはぎ・足首
施術の流れ
術後について
時間経過の実際
安全性など
よくある質問
モニター体験談
脂肪吸引
バスト
ワキガ・多汗症
お尻
おへそ
婦人科
エンダモロジー
痩身・ダイエット
スキンケア
プチ整形
アンチエイジング

脂肪吸引・豊胸・ワキガ・多汗症の美容外科:恵比寿ASクリニック TOP > 治療内容 > ボディ:脂肪吸引



ボディ


脂肪吸引(VASER LIPO /EUA LIPO) 施術料金

ダイエットでは落としにくい部分を効果的に細くするには脂肪吸引が最適です。
恵比寿ASクリニックではアメリカより新上陸の脂肪吸引デバイス、VASER2.0を導入し、最新かつ最強の脂肪吸引、VASER LIPOを行っております。また、従来から好評のコストパフォーマンスにすぐれたEUA超音波脂肪吸引(EUA LIPO)もご用意しております。

モニター体験談

2つの脂肪吸引
ベイザーリポ(VASER LIPO / VASER2.0) NEW
VASER波という特殊な振動エネルギーで脂肪組織を遊離します。
大量の脂肪吸引量と最短のダウンタイムを実現します。 詳しくはこちら

EUA超音波脂肪吸引(EUA LIPO)
体外式超音波による体にやさしい脂肪吸引です。
もちろん十分な吸引量と短いダウンタイムをお約束いたします。 詳しくはこちら


脂肪吸引とは
人間の体につく脂肪は大きく分けて「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に分類されます。このうち脂肪吸引で取り除くことができるのは「皮下脂肪」です。具体的には太もも、腹部、二の腕などをつまんだ時につまむことのできる脂肪です。
脂肪吸引術では、皮膚に小さな穴を開け、そこからカニューレと呼ばれる細い管を皮下脂肪層に差し込み、この管を通して掃除機のように陰圧で、脂肪を吸い込んで取り除いていきます。
成人の場合、脂肪細胞は、その数自体はほとんど変化しないため、脂肪吸引術で、その数自体を減らしておけば、もとの数にもどることなく、施術部位は太りにくい体質になり、リバウンドもしにくいということになります。(もちろん、ある部分を脂肪吸引したからといって、他の部分が太りやすくなるといったことは一切ありません。)

施術前 → 施術後

施術前 → 施術後

▲Page Top

フォトギャラリー
写真をクリックすると、それぞれの部位の術前・術後の様子をご覧いただけます。

ほほ   二の腕   お腹・腰1   お腹・腰2   お尻   太もも・お尻1   ふくらはぎ
                         
                     
太もも・お尻2
NEW
  太もも・お尻3
NEW
                   

▲Page Top

当院の脂肪吸引の特長
きれいなボディシルエット
脂肪はむやみにたくさん吸引すればいいというものではありません。それではとてもかっこうの悪い体型となってしまいますし、一度脂肪をとりすぎてしまえば元に戻すことはできません。一部のクリニックでは経験の浅い医師たちが脂肪の吸引量を競い合っているようですが、これは大変危険なことです。もちろん患者様の多くはよりたくさんの脂肪を吸引してほしいという希望をお持ちです。そこで大切なのは、いかに必要最小限の脂肪を残し、いかに美しい女性らしいボディーシルエットを保ちつつ、できるだけ多くの脂肪を吸引するかということになります。多くとればいいというものでは決してありません。

短いダウンタイム
ダウンタイムの短縮で一番大切なのはいかに丁寧で組織へのダメージの少ない脂肪吸引をするかということです。そのため当院ではVASERやEUAを併用し、脂肪組織をやわらかくするのと同時に細かな血管や神経から脂肪組織を離れやすくすることで手術による組織のダメージを最小限に抑えます。また、吸引管も2〜3mmのものを主に使用し、組織にやさしい脂肪吸引をしております。また、術後のアフターケアもダウンタイムの短縮には大切です。当院では術後のアフターケアとしてご希望の方には超音波マッサージとマッサージマシン「エンダモロジー」をご用意しております。

そのほか当院の脂肪吸引には次のような特徴があります。
*カウンセリングから施術、アフターケアまで院長みずから一貫しておこないます。
*静脈麻酔・全身麻酔時は麻酔科専門医が術中ずっと付き添い、麻酔を専属で管理いたします。
*術後の青あざはほとんど生じません。
*術後の腫れは最小限です。
*手術部位がでこぼこしたり、かたくなることがまずありません。
*術後のマッサージは原則として不要です。

▲Page Top

最強の脂肪吸引デバイス登場!VASER LIPO(VASER2.0)による脂肪吸引
VASER LIPOではVASER2.0より発生させたベイザー波という超音波振動エネルギーで脂肪組織を遊離し(振りおとし)、組織保護と吸引効率の優れたVentXカニューラで遊離した脂肪組織を根こそぎ吸引することで、これまでにないダウンタイムの短縮と大量の脂肪吸引を同時に可能にしました。

VASER LIPOの特徴

ダウンタイムが短く、患者様の負担が少ない
VASER LIPOではVASER波によって脂肪組織を遊離させ、遊離された脂肪組織のみを刃のないVentXカニューラで優しく吸引するため、血管や神経そして索状組織といった重要な構造組織にダメージを与えずに温存することが可能です。このためVASER LIPOで施術した後はダウンタイムがとても短く、痛みや腫れ・青あざといったお体の負担がほとんどありません。

大量の皮下脂肪を除去することが可能
VASER LIPOでは皮下組織の重要な部分の構造を保ったまま脂肪組織を遊離・吸引することが可能です。そのため従来の脂肪吸引では難しかった浅い層の脂肪組織もしっかり安全に吸引除去することができます。吸引可能な脂肪量は全脂肪量の最大90%までと飛躍的に増大しました。

硬い脂肪へのアプローチが可能
VASER波は硬く線維化した脂肪組織にもたいへん有効にアプローチ可能ですので、背中や上腹部といった部位の脂肪吸引や他院で脂肪吸引手術後の再手術も難なくこなすことができます。

皮膚の引き締め(タイトニング)効果
VASER LIPOでは皮膚と筋肉の間の索状組織の構造を保ったまま脂肪組織のみを除去します。そして脂肪吸引手術後はダメージを受けずに残った索状組織が縮み、皮膚のタイトニング効果を発生します。

同時にバスト・ヒップアップ

VASER LIPOでは脂肪注入(バスト・ヒップ)に適した若く活性の高い脂肪組織を効率的に採取できます。さらにVASER LIPOで採取した脂肪組織には脂肪幹細胞が十分に含まれているため、生着率がよいのが特徴です。

ほかの痩身・脂肪吸引方法との比較

  脂肪融解メソセラピー キャビテーション 通常の脂肪吸引 レーザー脂肪吸引 ボディージェット EUA超音波脂肪吸引 ベイザーリポ
メカニズム 薬液で脂肪を溶かす 超音波で脂肪を乳化 脂肪を掻き出す レーザーで脂肪を溶かし吸引除去する 水流で脂肪を破壊し吸引除去する 超音波で脂肪を乳化し吸引除去する VASER波で脂肪を遊離し吸引除去する
効果 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★★
痛み 少しある 少ない 多い 多い 多い 少ない ほとんどない
皮下出血 少しある ない 多い 多い 多い 少ない ほとんどない
硬結 稀にある ない ある ある ある ほとんどない ほとんどない
ダウンタイム ない ない 長い 中くらい 中くらい 短い とても短い
硬い脂肪への効果 あまりない あまりない ある ある ある 効果大きい 効果たいへん大きい
他院再手術の効果 - - ある ある ある 効果大きい 効果たいへん大きい
脂肪注入時の細胞活性 - - 中等度 中等度 中等度 高い 非常に高い
治療回数 5回程度 5回程度 1回 1回 1回 1回 1回

VASER LIPOのメカニズム

VASER LIPOではVASER波により脂肪細胞を「ぶどうの房からぶどうの実だけを振り落とす」ように周囲の組織から遊離させます。このことにより脂肪組織はたいへん吸引しやすい状態になります。この吸引しやすく遊離した脂肪組織を「刃のないカニューレ」VentXカニューレシステムで優しく、根こそぎ吸い出すのです。


[ 症例 ]
<ほほ・あご下> ほほ・あご下
<二の腕> 二の腕
<腹部> 腹部
  腹部
<ウエスト・腰> ウエスト・腰
  ウエスト・腰
<太腿・お尻> 太腿・お尻

▲Page Top

EUA LIPO
恵比寿ASクリニックではEUA脂肪吸引法とトリプルレイヤー(3層)脂肪吸引法を組み合わせたリーズナブルプライスのEUA LIPOもご用意しております。

トリプルレイヤー(3層)脂肪吸引
皮下脂肪は部位にもよりますが、概ね浅層・中層・深層の3層に分けることができます。従来の脂肪吸引では中層下部〜深層にかけての吸引が主でした。しかしながら部位によってはこれだけでは皮膚の引き締め効果が少なく、術後のたるみの原因となることもありました。そこで当院ではこれに加えて極細カニューレを用いて浅層〜中層上部の脂肪吸引(Superficial Liposuction)を同時に行うことで皮下組織の引き締めを行い、たるみのないきれいなボディーラインを実現しております。なお、このトリプルレイヤー(3層)脂肪吸引術はたいへん高度なテックニックですので熟練した美容外科医のみが施術可能です。



超音波脂肪吸引(EUA)
現在国内のクリニックでスタンダードにおこなわれている方法にチューメセントテクニック(ハイパーウエットテクニック)というものがあります。これは吸引したい脂肪組織の中にチューメセント液とよばれるお薬を混ぜた注射用のお水を多量に注入し、脂肪組織をふやかして柔らかくして吸引するという方法です。この方法により脂肪吸引はより安全に、そしてより凹凸のない仕上がりとなります。しかしながらこの方法だけでは脂肪組織が十分にやわらかくならないこともあります。 写真:超音波脂肪吸引
当院ではこのチューメセントテクニックに加えて、体外式超音波法により脂肪組織をより柔らかく、そして細かな血管や神経から脂肪組織を離れやすくして脂肪を吸引しております。その結果、脂肪が吸いやすくなりより理想的なボディーラインを実現することが可能となり、また組織へのダメージが少ないためダウンタイムも大幅に短縮することが可能です。

▲Page Top

脂肪吸引とは
頬、二重あご、二の腕、肩、わき(前)、わき(後)、背中(上・下)、腹部、ウエスト、腰、おしり、太もも、ひざまわり、ふくらはぎ、足首などが脂肪吸引可能な部位です。これらの部位は複数箇所を組み合わせて手術することも可能です。

からだの脂肪吸引可能な場所

部位別の詳しい説明はこちら
1.ほほ、あご  2.二の腕、肩、わき、背中  3.  4.腹部、ウエスト、腰  5.お尻、大腿、膝  6.ふくらはぎ、足首


1.

ほほ、あご

お顔の輪郭をほっそりとシャープにしたい方には頬の脂肪吸引を、二段あごにお悩みの方にはあごの脂肪吸引をお勧めします。

 モニター写真を見る
写真:超音波脂肪吸引

部位 ほほ あご
麻酔方法 局所麻酔 局所麻酔
手術時間 約1時間 約30分間
カニューレ挿入部位 耳の後ろ1〜2mm 左右各1ヶ所 あごの下1〜2mm 1ヶ所
目立った腫れ・内出血 3〜5日間 3〜5日間
通院 3日後、7日後 3日後、7日後
シャワー・入浴 当日よりシャワー可 当日よりシャワー可
圧迫固定 はじめの3日間24時間
その後在宅時のみ2週間
はじめの3日間24時間
その後在宅時のみ2週間
運動など 2週間後より可 2週間後より可
完成 3か月後 3か月後


2.

二の腕、肩、背中(上・下)、わき(前・後)、胸

二の腕がたぷたぷして太い方、腋の下のお肉がはみ出す方にはこの部位の脂肪吸引がたいへん有効です。
また、二の腕については一般的には下側(ふりそでの部分)のみの吸引できれいなシルエットを実現できますが、肩にもたくさん脂肪のついている方には肩の脂肪吸引が必要です。

 モニター写真を見る

二の腕、肩、背中(上・下)、わき(前・後)、胸

部位 二の腕・肩 わき(前側・後側) 背中(上・下)
麻酔方法 局所麻酔 局所麻酔 局所麻酔
手術時間 半周約1.5時間 各約30分 約1時間
カニューレ
挿入部位
二の腕:肘(外)・脇(後)に
2〜3mm 左右各1〜2ヶ所
肩・脇(後)に2〜3mm
左右各1ヶ所
腋窩(前・後)に
2〜3mm
左右各1ヶ所ずつ
腕の付け根に2〜3mm
左右各1ヶ所
目立った腫れ・
内出血
約1週間 約1週間 約1週間
通院 3日後、10日後 3日後、10日後 3日後、10日後
シャワー・入浴 当日よりシャワー可 当日よりシャワー可 当日よりシャワー可
圧迫固定 1〜3か月 1〜3か月 1〜3か月
運動など 3週間後より可 3週間後より可 3週間後より可
完成 3か月後 3か月後 3か月後


3.

胸部

胸部

部位 胸部
麻酔方法 局所麻酔
手術時間 1〜2時間
カニューレ挿入部位 わきの下・バスト下2〜3mm 左右各1〜2ヶ所
目立った腫れ・内出血 約1週間
通院 3日後、10日後
シャワー・入浴 当日よりシャワー可
圧迫固定 1〜3ヶ月
運動など 3週間後より可
完成 3か月後


4.

腹部、腰、ウエスト

引き締まったお腹やくびれたウエストは女性としての永遠の憧れです。しかしながらダイエットやジムなどではなかなか実現が難しい箇所でもあります。脂肪吸引ならお腹からウエストにかけての美しいラインをつくることが可能です。

 モニター写真を見る
腹部、腰、ウエスト

部位 腹部
(上部・下部・側部)
腰部・ウエスト
麻酔方法 全身麻酔または静脈麻酔
または局所麻酔
全身麻酔または静脈麻酔
または局所麻酔
手術時間 約1〜3時間 約1時間
カニューレ挿入部位 ソケイ部・おへその中に3〜4mm
1〜3ヶ所
腰またはお尻大腿の境界部に
3〜4mm 左右各1ヶ所
目立った腫れ・内出血 約1週間 約1週間
通院 3日目、10日目 3日目、10日目
シャワー・入浴 2日後よりシャワー可 2日後よりシャワー可
圧迫固定 1〜3か月 1〜3か月
運動など 3週間後より可 3週間後より可
完成 3か月後 3か月後


5.

お尻・太腿・ひざ

お尻・太ももは脂肪吸引のニーズが一番多い部位です。それだけ悩んでいらっしゃる方が多い部位でもあります。これらの部位をダイエットや運動でシェイプアップすることは容易ではありませんし、まず不可能です。また、ダイエットによって肝心なお尻・太ももが細くならずに、上半身それもバストが小さくなってしまい、より格好が悪くなったというのはよく耳にする体験談です。また、これらの部位は脂肪吸引がたいへん効果的ですのでぜひおすすめいたします。

 モニター写真を見る

お尻・太腿

部位 太もも
(外側・内側・前面・後面)
お尻
(上部・下部)
麻酔方法 全身麻酔または静脈麻酔
または局所麻酔
全身麻酔または静脈麻酔
または局所麻酔
手術時間 2〜4時間 約1時間
カニューレ挿入部位 お尻太もも境界部に3〜4mm
左右各1ヶ所
お尻太もも境界部に3〜4mm
左右各1ヶ所
目立った腫れ・内出血 約1週間〜10日間 約1週間〜10日間
通院 3日後、10日後 3日後、10日後
シャワー・入浴 2日後よりシャワー可 2日後よりシャワー可
圧迫固定 1〜3か月 1〜3か月
運動など 3週間後より可 3週間後より可
完成 3か月後 3か月後


6.

ふくらはぎ・足首

ふくらはぎが太いという場合、2つの原因が考えられます。ひとつは筋肉が厚い場合、もうひとつは皮下脂肪が厚い場合です。もちろん脂肪吸引で解決できるのは皮下脂肪の厚みです。ふくらはぎをそっとつまんでみて皮下脂肪の多い方には脂肪吸引がたいへん有効となります。あわせて足首の脂肪吸引もするとよりきれいなシルエットとなります。

 モニター写真を見る
写真:超音波脂肪吸引

部位 ふくらはぎ 足首
麻酔方法 静脈麻酔または局所麻酔 静脈麻酔または局所麻酔
手術時間 約2時間 約1時間
カニューレ挿入部位 膝の裏2〜3mm 左右各2ヶ所 足首2〜3mm 左右各1ヶ所
目立った腫れ・内出血 約1週間 約1週間
通院 3日後、10日後 3日後、10日後
シャワー・入浴 2日後よりシャワー可 2日後よりシャワー可
圧迫固定 1〜3か月 1〜3か月
運動など 3週間後より可 3週間後より可
完成 3か月後 3か月後

▲Page Top

施術の流れ
1.

カウンセリング予約

ご都合のよろしいお日にち・お時間帯をお電話またはメールにてご予約下さい。

2.

カウンセリング当日

カウンセリング当日は脂肪吸引をご希望される部位を院長が拝見させていただき、患者様とご一緒にお手術の内容を検討します。
また、医療ローンご希望の場合には合わせてローンのご説明もさせていただきます。
カウンセリング

3.

手術および術前検査のご予約

お手術をお受けになることがお決まりになりましたら、お電話またはメールにてお手術日および術前検査ご希望のお日にち・お時間帯をお知らせください。ご日程の調整をさせていただきます。なお、局所麻酔にてお手術ご希望の場合には術前検査は不要です。

4.

術前検査

採血および心電図検査、レントゲン撮影をお受けいただきます。お時間は30分程度です。 レントゲン説明
▲手術前のレントゲン説明

5.

手術当日

1、ご来院
2、書類のご記入・お会計
3、お着替え
4、マーキング
患者や様のご希望とレントゲンをもとに手術部位のデザイン(マーキング)を行います。
5、麻酔
静脈麻酔や全身麻酔で手術の場合、麻酔科ドクターにより麻酔がかけられます。クリニックの中には施術ドクターが麻酔をかけながら手術するというところもあるようですが、当院では安全性を第一に考え、麻酔は施術ドクターとは別の麻酔科ドクターが専属に麻酔を管理するシステムをとっています。また腹部や下半身の脂肪吸引に際しては硬膜外麻酔で手術を行っているクリニックもあるようですが、長時間意識がある状態で同じ姿勢で手術を受けることは大変苦痛です。安全性と快適性を考慮すると麻酔科ドクターが専属に、静脈麻酔や全身麻酔をかけて管理するという形態がベストであると考えられます。
6、術野の消毒
7、手術
まず、吸引管を挿入するために皮膚に小さな穴を開けます。さらに、皮膚を保護するために、この穴にスキンプロテクターを装着します。
次に、チューメセント液と呼ばれる特殊な混合液を脂肪吸引したい部位の脂肪層に注入していきます。当院オリジナルチューメセント液は術中の出血を最小限におさえ、また、脂肪組織を極力柔らかくするように工夫されているのが特徴です。その結果、当院の脂肪吸引では術中の出血がほとんど無く、従って術後の青アザがほとんど出ません。
チューメセント液の注入が完了すると次は、VASER波やEUA超音波を手術部位に照射します。VASER LIPOではプローブを脂肪組織内に直に挿入します。EUA LIPOではプローブを体の外から当てます。
この過程が終了すると、いよいよ脂肪の吸引です。カニューレと呼ばれる細い管を使って脂肪を吸引していくのですが、この際、様々な太さ・形状のカニューレを用いることにより、効率よく、大量にしかもきれいな仕上がりで脂肪を吸引することが可能となります。
じっくりと時間をかけて必要以上に吸引圧を上げることなく丁寧に脂肪を吸い出していくのです。さらに、極細のカニューレを用いて仕上げの吸引を行うことで、術後凹凸が生じることなく、きれいに仕上がります。脂肪の吸引が終了すると、プロテクターを外し、皮膚にあけた穴を縫合して終了します。
マーキング
▲マーキング
VASER プローブ
▲VASER プローブ
超音波プローブ
▲超音波プローブ
圧迫用下着
▲圧迫用下着
8、リカバリールームにて休息
麻酔が覚めるまでリカバリールームにて2〜3時間おやすみいただきます。
なお局所麻酔でのお手術の場合には手術終了後すぐにご帰宅が可能です。
また、術後は脂肪吸引部位にコンプレッションガードル(圧迫下着)を着ていただいております。
9、ご帰宅

6.

通院・アフターケア

術後3日目および10日目にご来院下さい。10日目には抜糸も致します。なお当院の脂肪吸引ではでこぼこが生じたり硬く硬縮を起こすことがほとんどありませんので術後のマッサージは絶対必要というものではありませんが術後のダウンタイムを少しでも短くするために入浴後のハンドマッサージを推奨しております。またオプションでさらに術後の回復を早めるEUA超音波マッサージもご用意しております。さらに術後のコンプレッションガーメント(圧迫下着)はあまり苦しくない程度に1か月間程度(できれば3か月間)着用していただければ大丈夫です。

▲Page Top

術後について
脂肪吸引の手術をこれから受けようかどうしようか迷っている方には術後の経過、ダウンタイムは大変心配になる事柄だとおもいます。しかし、御安心ください。恵比寿ASクリニックの脂肪吸引なら術後のダウンタイムはほとんどありません。
まず、腫れについては吸引した脂肪の分だけ腫れるとお考え下さい。したがって術直後から術前とサイズ的にはほとんど同じです。そして時間の経過とともに次第に細くしまっていきます。その間約1〜3ヶ月とお考え下さい。
青アザについては、当院の脂肪吸引の場合、ほとんどでません。でたとしても、ぶつけた時に出る程度のうすい小さな青アザが数ヶ所出る程度で、約10〜14日できれいに消失します。
また痛みについては顔、上腕、腹部、腰、下腹部はまったくといってよいほど痛みは出ません。臀部と大腿部のみ、筋肉痛の様な痛みが局所にでることがありますが4〜7日程度でおさまりますので御安心ください。したがってダウンタイムは小〜中程度の範囲の脂肪吸引であればほとんど無いといってもよいでしょう。臀部・大腿部を含む脂肪吸引ではできれば翌日1日くらいは、お勤めや学校は休まれた方がよいでしょう。

[ 時間経過の実際 ]
<術前> 術前
<術直後> 術直後
<術後2日> 術後2日
<術後12日> 術後12日
<術後22日> 術後22日

▲Page Top

安全性など
近年、医療技術の進歩によって、脂肪吸引術も非常に安全な手術となりました。特に、ハイパーウェットテクニックとEUA、そしてVASERは脂肪吸引手術の変遷の歴史の中でも大きな革新でした。
さらに恵比寿ASクリニックでは美容外科医として長年の豊富なキャリアをもつ院長自らがすべての脂肪吸引手術を担当していますので、安全性は格段に高いと言えましょう。
また、麻酔についても麻酔医が術中にもしっかりと患者様の全身状態を管理いたしますので安全性はさらに高まります。もちろん医療機械、医療材料、薬剤等も最新式のトップブランド製品を使用し、安全性を最大限に高くするよう努めております。

1.

麻酔について

小範囲の脂肪吸引手術(頬、あご、二の腕など)については局所麻酔で手術が可能です。また、広範囲の脂肪吸引手術(腹部、腰、おしり、太もも、ふくらはぎなど)については、恵比寿ASクリニックでは患者様の安全と快適性を第一と考え、麻酔科ドクターによる静脈麻酔または全身麻酔による手術を行っております。
麻酔科ドクターによる静脈麻酔や全身麻酔はたいへん安全ですので安心してお受けいただけます。もちろん、静脈麻酔や全身麻酔の手術であっても当院麻酔科ドクターの卓越した麻酔技術により日帰りが可能です。

2.

スキンプロテクターについて

脂肪吸引に際しては、カニューレ(吸引管)を挿入するための小さな穴を数ヶ所皮膚にあけますが、この穴はカニューレが何度も往復するために組織のダメージが生じます。恵比寿ASクリニックではその対策としてオリジナルスキンプロテクターを開発、皮膚の穴に装着することにより皮膚を保護しております。その結果、傷跡はほとんど目立つこともなくきれいに仕上がります。

3.

リバウンドについて

ダイエットにつきものなのがリバウンド。ダイエットを試みたことのある人なら誰でも多かれ少なかれリバウンドした経験がおありだと思います。これはダイエットでは脂肪細胞の数が変わらないため、脂肪細胞1コ1コが小さくなっても、すぐに元にもどってしまうためです。しかしながら脂肪吸引手術では脂肪細胞の数そのものを減らしてしまうため、術後リバウンドが非常にしにくい状態になります。

4.

複数部位の吸引について

患者様が複数部位の脂肪吸引を希望される場合、恵比寿ASクリニックでは、出来る限り1回の手術で、できるよう手術の予定を組ませていただいております。
ただし1回の吸引量のトータルが上限を超えてしまいそうな場合には安全を第一に考えて、2回に分けて施術させていただくようにしております。

5.

しわ・たるみ

当院では、脂肪吸引術でしわやたるみが生じることはきわめて稀です。また、局所の凹凸や硬化がおこることも稀です。
恵比寿ASクリニックでは、丁寧な吸引と最新のデバイスにより、しわ、たるみが生じることがまずありません。


よくある質問  施術料金
▲Page Top  
クリニックのご案内治療内容料金案内Q&Aモニター体験談カウンセリング最新医療紹介院長コラムプライバシーポリシー
Copyright(C) 2006-2008 医)慶桜会 All rights reserved.