脂肪吸引や豊胸、レーザー脱毛、二重まぶたなど美容整形のことなら美容外科・恵比寿ASクリニック

Home Sitemap Contact
美容整形のことなら、美容外科 恵比寿ASクリニック お電話でのご予約・ご相談は03-6228-4006 メール・オンラインでも無料でカウンセリングをお受けいただけます
スマートフォン専用 お問合わせはこちら お電話 メール
クリニックのご案内 治療内容 料金案内 よくある質問 モニター体験談 カウンセリング
治療内容一覧
フェイス
口唇
輪郭
ほほ
フォトギャラリー(ほほ)
えら
フォトギャラリー(えら)
あご
フォトギャラリー(あご)
こめかみ
輪郭のたるみ
よくある質問
モニター体験談
ボディ
スキンケア
プチ整形
アンチエイジング

二重まぶた・輪郭形成などの美容外科:恵比寿ASクリニック TOP > 治療内容 > フェイス:輪郭



フェイス


輪郭 施術料金

顔の輪郭形成は当院が最も得意とする、また最も力を注いでいる美容外科分野のひとつです。輪郭形成のほとんどのは骨格を扱う術式であるため美容外科医の中でもごくわずかの高度なトレーニングをうけたドクターのみが行いうるものなのです。当院院長は長年にわたり多くの輪郭形成術を施術しておりますのでどうぞ安心してお任せください。

モニター体験談

ほほ
ほほの輪郭形成は大きく3つに分類されます。
ほほ骨部分の張り出しの修正、ほほ骨より下の部分のほほの膨らみの修正、そしてこけたほほの修正です。
それぞれ、ほほ骨削り、ほほ脂肪吸引、そしてほほ脂肪注入の適応となります。

1.

ほほ骨削り

従来ほほ骨削りの手術はほほ骨前方の張り出しのみを削る術式をとるクリニックがほとんどでした。これに対し、当院のほほ骨削りではほほ骨前方の張り出しを削るのみならず、ほほ骨側方の張り出しも引っ込めることが可能です。これにより、顔面の横幅もせまくすることが可能です。しかも口の中のみからアプローチしますので顔の表面には傷跡をつけません。



当院術式には次の3つがあります。

1. プロミネンス削除法
ほほ骨前方の突出(プロミネンス)が気になるという場合、ここを削ることでほほ骨の高さを
低くすることができます。手術は口の中から行います。
図:プロミネンス削除法
2. アーチ転位法
ほほ骨側方のアーチを内方に転位することで顔の横径を小さくすることが可能です。
手術は口の中から行います。
図:アーチ転位法
3. 1 + 2
ほほ骨が前方にも側方にも出ている場合、1と2を同時に行います。
図:プロミネンス削除法+アーチ転位法

2.

ほほ脂肪吸引

  ほほ骨より下の部分のほほの膨らみが気になる方には、ほほの脂肪吸引をお勧めします。
耳の後ろに小さな穴を開け、そこから極細のカニューレで丁寧に吸引しますので、大きな青あざや凸凹は一切生じません。
腫れも最小限ですので手軽にお受けいただけます。また、吸引部分の引き締まり効果もありますのでほほのたるみが気になる方にもおすすめします。

3.

ほほ脂肪注入

  ほほがこけてしまって、ふっくらとさせたい場合、脂肪を注入して改善を図ることが可能です。
脂肪はお尻、太もも、腹部、二の腕などから注射器で採取します。
脂肪の注入は特殊な注入針で耳の後ろから行いますので傷跡の心配ありません。

フォトギャラリー
写真をクリックすると、術前・術後の様子をご覧いただけます。

ほほ骨削り1   ほほ骨削り2   ほほ骨削り3   ほほ骨削り4   ほほ骨削り5   ほほ骨削り6(アーチ+プロミネンス)
New
  ほほ骨削り7(アーチ+プロミネンス)+頬脂肪吸引
New
                       
ほほ削り8(アーチ+プロミネンス)
New
                       

▲Page Top

えら
ボトックス注射によるプチ整形の普及により、筋肉(咬筋)の肥大が原因でえらが張っている場合には手軽に小顔にすることが可能となりました。しかしながらこの方法は骨格が張っている場合やほほの脂肪が多い場合には全く効果がありません。
当院ではえら張りの原因を正確に診断し、適切な治療を行います。

施術前→施術後

施術前→施術後

一概にえらが張っているといってもその原因としてつぎの3つがあります。
a. 骨格(下顎骨)が張っている場合
b. 筋肉(咬筋)が張っている場合
c. 脂肪がたくさんついている場合

それぞれの治療方法は次のとおりです。

1.

骨削り法

従来、えら削りの手術といえば下顎角(いわゆる“えら”)のみを削る術式をとるクリニックがほとんどでした。そのため、側面からみてえらが小さくなっても、正面からみると顔の幅は元のままという結果になることが多くありました。これに対して当院では下顎骨(下あごの骨)の張り具合や張っている部分に応じて下顎角(えら)のみならず、下顎骨体部も前方より丁寧に削りこんでいく術式を採用し、側面(横顔)のみならず正面からみても下顎(下あご)をほっそりと整えることが可能です。具体的には次の3つの術式のバリエーションがあります。

1. 下顎骨体部削除法
主として正面から見たときの下顎骨の張り出しが気になるという場合、下顎骨の体部を薄く削ることでほっそりとさせることが可能です。口の中からのみ手術しますので、顔の表面には一切の傷跡はつきません。腫れについては約1週間〜10日くらいとお考えください。
図:下顎体部削除法
2. 下顎骨角部切除法
主として側面から見たときのえらの張り出しが気になるという場合には下顎骨の角部(えら)を口に中から削り取ります。もちろん顔の表面には一切の傷跡はつきません。腫れについては約1週間〜10日くらいとお考えください。
図:下顎骨角部切除法
3. 1 + 2
正面から見ても、側面から見てもえらが張っている場合、下顎骨の角部・体部を一緒に削ります。手術はすべて口の中からおこないますので顔の表面には傷跡は一切つきません。腫れは約1週間〜10日くらいです。
図:下顎骨体部削除法+下顎骨角部切除法

2.

ボトックス注入法

  えらの部分の筋肉(咬筋)が厚いためにえらが張って見える場合、咬筋にボトックスを注射することで筋肉を萎縮させ、小顔にすることが可能です。

3.

脂肪吸引法

  ほほの脂肪が厚いために顔が大きくみえてしまっている場合、ほほの脂肪吸引が最適です。
吸引は耳の後ろから行いますので傷跡は見えません。

フォトギャラリー
写真をクリックすると、術前・術後の様子をご覧いただけます。

えら削り1   えら削り2   えら削り3   えら削り4   えら削り5   えら削り6   えら削り7

えら削り8   えら削り9   えら削り10   えら削り11   えら削り12   えら削り13
New
  えら削り14
New
     
えら削り15
New
  えら削り16
New
  えら削り17
New
  えら削り18
New
  えら削り19(アーチ+プロミネンス)
New
  えら削り20+頬脂肪吸引
New
  えら削り21
New
                   
えら削り22
New
  えら削り23
New
                   

▲Page Top

あご
1.

あごを前に出す

1. プロテーゼ法
口の中からシリコンプロテーゼをあごに入れて前に出します。
2. 骨きり法
あごの骨を切って前に出します。手術はすべて口の中から行います。
シリコンプロテーゼを使うことに抵抗感のある方に適した方法です。

2.

あごを短くする、しゃくれたあごを引っ込める

 



長いあごを短くしたり、しゃくれたあごを引っ込めるには次の2つの術式があります。

1. あご削り法
下顎骨おとがい部(あごの先端部)を削る方法です。
図:あご削り法
2. あご中抜き法(ホリゾンタルオステオトミー)
下顎骨おとがい部(あごの先端部)を中抜きし、あごを短くします。この方法ではあごを短くするのと同時にあごを前に出したり後ろに引っ込めることも可能です。
1、2とも手術は口の中からおこないますので顔の表面には一切傷跡はつきません。また、腫れについては約1週間程度とお考えください。
図:あご中抜き法(ホリゾンタルオステオトミー)

3.

二段あごの脂肪吸引

  二段あごの脂肪吸引はあごの下1〜2mmの穴より特殊な極細カニューレを用いて行います。

フォトギャラリー
写真をクリックすると、術前・術後の様子をご覧いただけます。

あご中抜き1   あご中抜き2   あご中抜き3   あご削り1
New
  あご削り2
New
  あご(垂直中抜き)
New
  あご(水平中抜き+後方移動)
New
                       
えら・あご削り
New
                       

▲Page Top

こめかみ
くぼんだこめかみをふっくらさせるには次の2通りの方法があります。

1. ヒアルロン酸注入
2. 脂肪注入
お尻、太もも、腹部、二の腕などから採取した脂肪をこめかみに注入します。

▲Page Top

輪郭のたるみ
加齢による輪郭のたるみにはそれぞれの部位のリフトが適しています。

1.

額リフト

額のたるみや額の深いしわには額リフトが最適です。
髪の毛の中からアプローチするので傷跡の心配が要りません。

2.

こめかみリフト

  下がってきた目尻を持ち上げたいという方にはこめかみリフトがあります。
こめかみの髪の毛の生え際から目尻〜こめかみのたるみをリフトします。

3.

フェイスリフト

  ほほがたるんできた方や鼻唇溝が目立ってきた方にはフェイスリフトが適しています。
当院の術式では特殊な縫合糸を用いてSMASを効果的に引き上げるため、リフトの効果が抜群です。さらに、傷跡の最も目立たない部分を選んでアプローチするため傷跡の心配も不要です。

4.

ネックリフト

  首のしわ、たるみが気になる方には、ネックリフトをおすすめします。
あごの下あるいは耳のうしろからアプローチするため、傷跡は全く目立ちません。

5.

フェザーリフト

  頬に特殊な糸を数本埋め込むだけで簡単に頬のリストアップが可能となりました。
ダウンタイムもほとんどありません。

6.

サーマクール

  RFによる新しいたるみ治療法です。
詳しくはこちら


よくある質問  施術料金
▲Page Top  
クリニックのご案内治療内容料金案内Q&Aモニター体験談カウンセリング最新医療紹介院長コラムプライバシーポリシー
Copyright(C) 2006-2008 医)慶桜会 All rights reserved.